須弥山の麓で

36歳ゲイです!彼氏持ち。 日々の日常、思うことをダラダラ綴ってます。

海を渡る

思い描いていた理想の未来とはだいぶ違う方向に現実が進んでいる。
これは如何せん仕方がないことではある。そして概ね予想はしていた。それなのに心の中は大時化だ。

原因は二つある。
一つは、その現実が予想より早く訪れたこと。
もう一つは、今の自分がその現実と対峙するにはあまりにも未熟だということ。

 

気がついたらもう36歳。
子供の頃に考えていた36歳なんて、そりゃ大人の中の大人で、あんな事やこんな事も経験して、世の中の汚い部分やしょっぱい部分も、ベロベロ舐め尽くしているんだろうと思っていた。だが今振り返ってみると、そんなにしょっぱかったか?と甚だ疑問だ。
たしかに色々辛いことはあったけれど、それは大海に素っ裸で放り出されるようなものではなく、監視員付きの市民プールに、ビート板に捕まって、もがいているようなものだったのではないかと、今になって思う。

そんなレベルの人間に、ある日指令が届いた。
「人生のドーバー海峡を渡ってこい」と。

はじめはお断りしようと思った。なんとか船か、最悪筏で渡ろうかとも考えたけれど、船をチャータする金も無けりゃ、筏の作り方も知らなかった。残されたのはやはり遠泳一択。
きっと大量の海水を飲むだろう。足は攣らないだろうか。息継ぎはできるだろうか。どこかで応援してくれる人はいるだろうか。ゴールには誰が待っているだろう。
泳ぐ前からそんなことばかりを考えている。情けない。


それでも、泳ぐと決めた。自分で決めた。

泳ぎ方は飛び込んでから習えば良いと思っている。


どこへ辿り着くかはわからないけれど。