須弥山の麓で

32歳ゲイです!彼氏持ち。 日々の日常、思うことをダラダラ綴ってます。

月曜の朝は悟りの境地

月曜の朝は毎週決まって会議がある。
これからまた一週間が始まるだけでも憂鬱なのに、この会議のためにいつもより30分早く出社しないといけない。

今日は8:30から11:30分までやったが、そのうち半分は先週の業務報告。しかもこの報告、すでに読み終わった報告書をもう一度読むだけという素晴らしく贅沢な時間の使い方をする。
先に報告書を読むなら、疑問点を各自まとめておいて、担当へ質疑するなど、もっと生産性のある時間にするべきなのだが、皆黙ってこのくだらない朗読会に参加している。

僕はいつも、自分の朗読が終わったあとは、終始焦点の合わない目で壁を見つめ、阿字観を行い悟りの境地を目指す修行に入る。

今日は、緊急地震速報訓練のアラームや、おっさんの臭いくしゃみにも、一切心を乱されることなく、よし、あと一歩で天上界だと油断していたら、

「恒例の秋の社員旅行について・・・」

という、一瞬で心をかき乱す最強フレーズのせいで、あっけなく地獄界へ叩き落された。

そう、うちの会社は毎年秋になると社員総出でお出かけをする。なんなら社員の家族も一緒についてくる。

去年は某有名アミューズメントパークへ行き、入場して30分で三半規管をやられてしまい、一日中気持ち悪かった。
その前の登山も、みんなで和気あいあいと登るのが嫌だったので、先に山頂を目指そうと一人でペースも考えずに登ったら、頂上で盛大に吐いた。

そんなことを地獄の業火に焼かれながら考えていたら、今年はキャンプ場でバーベキューをすることに決まったようだ。


そしてその決定を受けて、僕がその日、風邪を引くことも粛々と決まったのであった。