須弥山の麓で

32歳ゲイです!彼氏持ち。 日々の日常、思うことをダラダラ綴ってます。

彼氏との出会い

彼氏のことを書こうかと思って、出会いから付き合い始めるまでのことを思い出していたが、全然ネタがない。。
さすがに、さだまさしの名曲”雨やどり”みたいな出会いはないにしろ、なんかあるだろうと思ってたけどやっぱり何もない。
いやいや、がんばれ僕。何かあるはずだ。
んーーーー。ない。

簡単に僕と彼氏の出会いをまとめるとこんな感じ。

・ゲイアプリの写真をみてメッセージを送る

・何気ないメールの交換

・お茶に誘う

・流れで家に

・流れでやっちゃう

・そのまま付き合う

ほんとに色も何もない出会い。。

しかし、世の中のゲイたちの出会いってこんな感じじゃないだろうか?
もっと恋の駆け引きめいたことがあってもいいかもしれないけれど、客観的におっさん同士の恋の駆け引きってどうよ?と思う。
それより、とりあえずやっちゃおう!話はそれから!のほうが見ていて気持ち・・・よくないか。まあこればっかりは仕方ない。
おっさんが何をやっても気持ち悪い。ゲイ目線でみても男同士の恋愛ってあんまり見たくない。いわゆるBL的なものはそうそうあるもんじゃない。ハンカチ拾ってそこから恋に。なんてまぁ無い。


アプリで男探し。とりあえずイイネをつけて、今日のマッチはブスしか出てこなかったと文句を言う。
この流れ作業ともいえる無機質な行為を繰り返し行うことで、初めて出会いを獲得する。

そんな作業の中で見つけた彼氏。

3つ年上なのに、最近では出来の悪い息子を持つ母親化してきている彼氏。

洗濯ものがいつもしわしわな彼氏。

部屋が片付けられない彼氏。

すぐに柔軟剤を買い置きしちゃう彼氏。

 

一人の人生では経験できないたくさんのことを教えてもらっている。


名曲の歌詞に出てくるような出会いじゃなかったけど、この人に出会えてよかった。

 

 


ほんとはもう少し彼氏のことを書こうかと思ったが、これ以上書くと惚気になってしまいそうなので、今日はこのあたりで筆をおく。