須弥山の麓で

32歳ゲイです!彼氏持ち。 日々の日常、思うことをダラダラ綴ってます。

自転車で

体調が良くないといろいろ考えてしまう。


なぜ自分だけこうなんだろう。


いつからこうなった。


理想と現実の乖離。

 

苦しいのはお前だけじゃないよ。
理想ばかりで生きていけるか。


もう一人の鼓舞する自分の声が弱々しく聞こえる。

 

 

 

このまま家にいたらどんどん暗くなるとおもい、昼食を買いに行くついでに、そのまま自転車で行けるところまで行くことにした。

 

途中、下校途中の中学生の一団とすれ違った。

みんなわいわい楽しそうに話している。自分もこういう時期があったな、なんて考えていたら、今の自分がもっと情けなく思えてきた。

子供の頃は早く大人になりたいと思っていたのに、いざ大人になると、泥臭い現実が待っている。自分は今、その泥の中に埋もれているのだろうか。理想と夢だけを追いかけていたあの清流は、どこへ去ってしまったのだろう。

 気晴らしに外へ出たつもりだが、これじゃあ全然気晴らしになってないじゃないか。

 

暗い気持ちを吹き飛ばすくらい漕いだ。漕いで漕いで漕いだら、、、疲れた。

 

理想や現実をどうこう考えるよりも、とにかく疲れた。でも体は疲れているはずなのに、気持ちは家にいた時よりも晴れてきている。

このままもっと遠くへ行ってしまいたい気持ちもあったが、一応在宅勤務の身なので今日はここでUターン。

 

たまには自転車で、あてのない散歩も良いもんだ。なんて帰ってきたのだが、一番の目的の昼食を買うのを忘れてしまった。

 

 

ああ、現実はほんとに泥臭い。。。