須弥山の麓で

32歳ゲイです!彼氏持ち。 日々の日常、思うことをダラダラ綴ってます。

仕事のこと

僕の仕事は、IT関係と言えば聞こえはいいが、郊外にある中小企業のソフトウェア会社。従業員は10名に満たない小さな会で、世間が抱いているIT企業の華やかさは全くない。

 

以前勤めていた会社の事業所が閉鎖する事になり、8年前に転職した。いわゆるリストラってやつ。今まで仕事でパソコンを使うことはあったが、ワードで文書を作ったり、エクセルに数字を入力する簡単な作業しか経験がなかった。それがなんと「システムエンジニアプログラマ」の募集に受かってしまったのだ。正直最初はやっていけるのか不安だったが、右も左もわからない自分に、先輩社員が丁寧に教えてくれ、なんとかそれなりにやっていた。

 

ところが入社2年目くらいだろうか、ようやく猫の手くらいには役に立ってきた頃に、体を壊した。朝起きると体が動かない、熱があるわけでもなにの頭がボーッとしてだるい。

それでも半年くらい、騙し騙し仕事を続けたのだが、ついに限界が来て、とうとう会社に行けなくなった。

心療内科に行くと軽い鬱だと言われ、上司と相談して2週間ほど休職することにした。

休職したことで少し症状も落ち着き、なんとか復帰できるまでになった。

 

・・・しかしそれから6年後の現在、僕は在宅勤務をしている。

 

在宅勤務の1年くらい前から、会社に行くと腹が痛くなり下痢をした。毎朝毎朝下痢が続き体もだるかった。病院に行くと自律神経失調症過敏性腸症候群という診断がでた。なんとなく予想はしていたので、まあそうかと、別に驚くこともなく受け入れた。

会社に言ったほうがいいか迷ったが、6年前のこともあり、なかなか言い出せず、ようやく上司に報告できたのは、通院を初めて半年が過ぎたころだった。

退職も考えたが、会社としても残ってほしいとのことで、少し仕事をセーブして在宅でプログラミングの業務をすることになった。

 

在宅勤務は3ヶ月間。まだ2週間しか経っていないが、少し気持ちも軽くなってきた。3ヶ月後、それから先どうなるかわからないが、今後仕事にどういう風に向き合っていくか考えようとおもう。