須弥山の麓で

32歳ゲイです!彼氏持ち。 日々の日常、思うことをダラダラ綴ってます。

僕の地元は瀬戸内海の人口数千人の小さな島だ。

時代の流れとともに、大きな橋が架かる隣の島を横目で羨みながら、連絡船を使い本土の高校へ通ったのが15年前。

「地元の近くで働いたら」という両親の願いを聞かず、今の街で就職したのが10年前。

近所にコンビニは当たり前、電車は10分おきに来る。地元とは比べ物にならないくらいの便利な生活。しかし、便利になった反面失ったものも多い。


そんな一つに闇がある。


小学生の頃、この時期になると友達とよくカブトムシやクワガタを取りに雑木林で一日を過ごした。

狙うはオオクワガタ。ノコギリクワガタやミヤマクワガタもなかなか嬉しい。

しかし、見つかるのはコクワガタやカブトムシのメスばかり。たまにオスのカブトムシもいたが、僕の地元ではたいして珍しくもなかった。

その日もお目当ての虫が見つからず、落胆して母にそのことを話していたら、となりで聞いていた父が突然「出かけるぞ」と一言。


父は良く言えば寡黙、悪く言えば言葉足らずで、何を考えているのかわからないことがよくあった。「尻に敷かれている」といのではなかったと思うが、我が家の舵は母が握っており、父が自分から何かを提案することはほとんどなかった。

そんな父の発言に母も僕も驚いたが、父から誘われることなどめったになかった僕は、胸を膨らませ、言われるがまま手を引かれ家を出た。


外はもうとっくに日が暮れ、街灯が立っている通りから一本脇道へ逸れると、そこには本当の闇があった。

薄暗い懐中電灯に照らされた足元。光があたらないところに足を踏み入れると、一生出てこられないのではないかと錯覚してしまう。家を出る時の胸のワクワクは、いつしか恐怖に変わっていた。

虫の鳴き声や、砂利道を歩くサンダルの音も、昼間とは全く違っていた。感覚がどんどん研ぎ澄まされていくのがわかる。

父の手をぎゅっと握ると、

今まで黙って歩いていた父が、僕の不安をかき消すように「ついたぞ」と一言。

足元の懐中電灯の明かりが前方を照らし、つられて顔をあげると光の先に自動販売機が一台あった。


そこには自動販売機の光に誘われた虫たちがたくさん集まっていた。

カブトムシ、クワガタ、カナブンに羽虫。

昼間の虫取りで思うような成果をあげられなかった僕に対する父からのプレゼントだった。


都会の夜は明るい。

だが時々、そんな明るい夜の中でも、得体の知れない闇のような恐怖に襲われることがある。そんなとき、あの日の父の大きくて温かい手は、今でも闇の中で尻込みしている僕の手を優しくしっかり握っていてくれるのである。

あけましておめでとうございます

年末年始は毎年実家に帰るようにしてたのだが今年は帰らなかった。

「今年は帰らないよ。友達とこっちで年越しするから」
電話からは母の残念そうな声。
友達ってところを本当は彼氏って言いたかったが、さらに沈んだ母の声を聞くことになりそうなのでやめた。
このまま嘘をつき続けてるのも辛いが、一人息子がゲイだと聞かされた母のことを思うともっと辛くなる。

「年越し」て言ったけど彼氏は実家で年越しの予定。帰ってくるのは二日。
僕も彼氏もイベント事にそんなに執着がないので年越しに無理に一緒に過ごす必要はないと思っている。まあ僕が、今年は実家に帰らないと言う前に里帰りの予定は決まっていたようだが。

 

ひとりは好きだ。撮りためていたドラマをみたり、部屋の片付けをしたり割と有意義に過ごせた。
エロDVDが大量にあったので処分しようと思ったが、もったいなくなったのでケースだけ捨てて中身は100均で買ったDVDケースに入れ直した。
あとはテンガや大人のおもちゃも数点クローゼットの奥から見つかったが、使う予定もないので捨てた。捨てる際、新聞紙で包んで外から見えないよう細工している自分が少し虚しかったが、今年の自分を締めくくるにはいいんじゃないかと納得した。

綺麗になった部屋でいろいろ考えていたら学生時代の同級生が、

「俺も地元に帰るから正月は遊ぼう」と言っていたのを思い出したが、
結局、彼から連絡が来ることはなかった。

 

年越しと元日はほんとに誰とも会わずに過ごした。
夕闇の中、いつも歩く散歩コースにもだれもいない。学生マンションの窓も真っ暗。

意外と悪くない。多分これは本当の孤独とは違うから。同級生の顔を思い浮かべながらそんなことを考えた。

 

二日になり、彼氏が帰ってきた。
彼氏のお母さんが作ったおせちを食べたあと初詣に行った。

となりで柏手を打つ音を聞きながら世間より二日遅れてようやく僕の年が明けた。

 

 今年もこの人の隣にいられますように。

胃がおかしい

最近胸焼けがひどい。一番大きな原因はストレスだろうけど、こればっかりはいきなりなんとかなるものでもないし、それ以外で原因と対処法を考えてみた。

 

1.脂っこ食事
僕も気がついたらもうすぐ33歳。なるべく現実と向き合わないようにしているが、けっこう良いお年頃。若い頃の食事をしていたら内蔵が悲鳴をあげるのも無理はない。
少し前に比べて自炊の回数も多くなったし積極的に野菜を取るように心がけているが、昼食や帰りが遅くなったときはコンビニ弁当に頼ったり、大好きなラーメンに手が伸びてしまう。
週4の自炊を週6にして、昼は必ずサラダを取る。あとラーメンは月イチに!
さすがに弁当作って仕事に持って行くのはめんどくさいし続きそうに無いので、昼食にサラダを必ずとるようにする。キャベツに含まれる酵素が胃に良いらしいので一石二鳥。
ラーメンを「一切断つ」のはそれはそれでストレスがたまりそうだから、せめて月イチにして大盛/替え玉はやめる。
でも来来亭のラーメン大好きなんだよな。ポイントカードも勲章のようにシール溜まってるし。
食ったあと、醤油しょっぱい!もういい!ってなるのにまた翌週来ちゃうんだよ。中毒!

2.早食い大食いをやめる
とにかく食べるのがはやい。そして全然噛まない。甘噛好きの早漏なの。
自炊したときは同居人の分も一緒に作って、おかずを一つの皿にドバーっと盛るのね、なんか元取らなきゃ!奴よりいっぱい食べなきゃ損!ってバイキングで必死になってる人みたいな貧乏根性が湧いてきて、気がついたらがっついて最後に苦し~って横になってる。
おかずはそれぞれ小盛りにして貧乏根性も封印。そして食べてすぐ横にならないようにする。
何より意地汚いのが×。

3.間食をなくす
特に週末の夕飯が終わってからの間食
「なんか甘いモン無い?」が口癖みたいになってる。

小腹がすいたら豆腐を食らう!


4.遅い時間の食事は避ける
避けたいところだけど、同居人の時間に合わせたらやっぱり遅くなるんだよな。
せっかくなので一緒に食べたい。これはちょっとむずかしいか。
週末とかはなるべく早く食べるようにしよう。


5.背中を丸めない
背中を丸めると、胃を圧迫して胃酸が逆流しやすくなるらしい。
そもそも猫背だし、食べて苦しくなるとさらに前かがみになってるような気がする。これは根本的に姿勢の改善が必要。

 

とりあえずこの5つをしばらく気をつけてやってみることにしよう。
ここ何日か調子悪い時は昼食べられなかったりで体力も低下。体重も落ちた。お腹へこんだのは良かったけどなんとなく不健康な痩せ方でちょっとなぁ。

痩せてほしいとこ痩せずに頬だけコケると老けた感じになるし。

 

あと漢方も買ってみた、「ツムラの半夏厚朴湯」

気分がふさいで嘔気や神経性胃炎に良いとかなんとか。もう一つ半夏瀉心湯てのが気になったけど、気分がふさいでってとこに惹かれてこっちにした。

 

効くかなー。

修行

お久しぶりです。タクです。

だいぶ更新していなかったので「ついに死んだか?」と思った人この指とまれ

まあ死んでないにしろ、このところ体調は絶不調。
吐き気、めまい、いぼ痔。
病院にも行ったがやはり精神的なものだろって。

引きこもってるのも精神衛生に悪いと思って、先週久々に自転車で遠出したら途中、迷子になりまして倍の時間かかってようやく到着。

目的地はお寺。
紅葉にはまだ早いが境内をゆっくり散策しようと思っていたら、講堂でバンドのライブをやっていて、全然興味はなかったけど、強引なキャッチのおじさんに誘われ、少しくらいなら無料だし良いかと中に入ったらお客さんは僕だけ。


え?修行かな?・・・


そのまま小一時間アマチュアのどうでもいいライブを観覧し、
外にでるともう既にあたりは暗く、境内を散策するどころではなくなっていた。
そしてこれからまた自転車で帰宅・・・

やっぱり修行かな?・・・



仏教の世界では、仏がいろんなものに变化(へんげ)し試練を与えるのだそう。
この日で言えば「キャッチのおじさん」「アマチュアバンド」
そして帰宅時に激痛に変わったこの「いぼ痔」 痛てーーー!

仏さん、若手芸人じゃないんだから、もっと变化するもの選びなよ・・・。

なーむー。

彼氏の屁の音について

タイトルからもわかるように汚い話をする。

お食事中の方は見ないでね。
と一応言ってみたが、僕はカレーを食べながらウ○コの話をされても全然平気なので、いつもこの注意になんの意味があるのかよくわからないが、一応言ってみる。

 

さて本題。
あまり大きな声じゃ言えないけれど、屁の音が大きいの。あ、僕じゃなくて彼氏のね。
「プ」とか「ブー」とかのレベルじゃなくて、

「パーン!!」


夏場窓を開けてるから、お隣さんから、


「隣の部屋で発砲事件です」


と通報されないか冷や冷やしているし、この前なんかは絶好調だったようで、


「あれ?このマンションの屋上、ヘリポートできた?」

 

と思うくらいバリバリいわせてた。
たぶんもうすぐ屁の力で飛びながら


「飛べない豚はただの豚だ」


とか言っちゃう勢い。
屁で飛ぶくらいなら今のまま''ただの豚''であってほしいのだが。

 

どうやらこの屁、わざと我慢して屁エネルギーが1番集まった時にぶっ放しているらしいのだが、僕が一番危惧していることは、スタジオジブリからクレームが来る事ではなく、

 

『実が出ないかどうか』

 

この前も笑点のオープニングのラッパの音が一つ多いと思っていたら彼氏の屁だったので、

 

「そんなに力むといつか実がでるよ」

 

と注意したら 

 

「屁と実の区別くらいできる!だって人間だもの」

 

相田みつをヨロシクなのである。

豚じゃなくて人間だったことにも驚きだが、何より屁と実の区別ができるということに驚きを隠せない。

 

大概の人は屁と実の区別はできると思うが、100%自信があるかと問われたらどうだろうか?8割くらいは屁だと思っても残り2割は実であることを危惧して、直腸と肛門括約筋に神経を集中させ、いつ実がやって来ても対応できる準備をするはずだ。

だとしたらあんな発砲音やプロペラが回るような音を出すのはおかしい。

その事を改めて問いただすと、

 

「俺は10割バッターだからそんなことはしない。 いつでもフルスイングさ」

 

とヒーローインタビューばりに答えていたが、

 

「10割なら実出まくりじゃないか?例えるなら防御率で例えなよ」

 

と返したら、今度は口でブーブ言っていた。

 

せっかく心配して、『来る日』のために、加藤登紀子の「さくらんぼの実る頃」を練習してやっているのに。。。人の気も知らないでまったく呑気なやつなのである。

帰省

実家に帰ってきた。
体調が悪化したとか、仕事を辞めたとかではなく単に帰省。

 

実家へは新幹線と電車で3時間弱。普段そんなに遠出をすることが無い僕にとってはけっこう気合を入れて臨まないといけない長旅だ。
おまけにIBS(過敏性腸症候群)だから乗り物に長く乗るのは苦手。
でも新幹線や最寄り駅までの電車にはトイレがついているから、その点については少し心強い。トイレがなければたぶん帰ってない。


私鉄にはトイレがない特急とか多いのに、さすがJR!!ありがたい。

 

でもよくよく考えたらあの閉鎖空間にトイレがないこと自体おかしくない?

都会の各駅停車なら途中下車してもすぐに次の電車に乗れるけど、田舎はそうはいかない。一旦降りると次の電車が来るまで一時間以上待たなければならない時もある。
それから一番苦手なのはバス。一時間に1本なんてざらだし、ひどいときには三時間に1本だったりする。途中で降りようもんならもう野宿決定だよ。
想像しただけでお腹ゴロゴロ…。

 

今のところイリボーて薬を飲んだり、トイレに行けそうなときには、行きたくなくてもとりあえず出ないことを確認して
「よし、大丈夫!」
って自己暗示をかけたりしながら、なんとかこの病気と付き合ってるけどやっぱり疲れる。
数年前はこんな心配することなんて無かったのになあ。

 

とりあえず無事実家についたのでゆっくりします。

 

 

接客

先日キーボードを買いに梅田へ出たついでに、久しぶりに服屋へ行ってみた。
服を見るのは好きだが、店員が呼んでもいないのに、いちいち話しかけてくるのは苦手だ。
今回もその都度適用に流していたが、ある店で、タオル地のパーカーを見ていたら、
「それ、タオル地です」
て話しかけられた。
いやいや、知ってまんがな!
例えばこれが、シルクの生地でタオル地なら、マジか!ってなるが、タオル地をタオル地と言われてどう反応すればよいのだろうか。
その後も、べらべらと薄っぺらいことを言っていたが思いっきり無視していたらどこかへ行った。
ノルマで大変なのかもしれないけど、あの接客ではいくら頑張っても売れないだろな。


よく友達とかに、店員への態度が冷たい。最低!クズ!粗チン!ガバガバ!
って言われるが、別に冷たくしているつもりはないし、ガバガバでもない。
僕としては普通に接しているつもりなので傍からそう見えているという事と、粗チンに少しショックなのだが、
友達曰く
「お水ください」
の一言にしても声のトーンが低いし、ちゃんと相手の目を見て頼むべきと、こんこんと説教をされたことがある。

確かに、そういうところまでは意識していなかったけど、
わざわざ店員にそこまで愛想良くしなきゃならんもんだろうか。



話は変わるが、
以前友達と中華料理屋に入った際、金曜の夜で予約もしていなかったため満席だった。諦めて帰ろうとしたら、店員が
「円卓で相席でもよければ、お席お取りできますが」
と言ってきた。円卓で相席って。。と思ったより早く、横にいた友達が、
「なんであたしが、初対面の人と円卓で相席なんかしなくちゃいけないのよ!」
と大声でブチ切れていた。

ちなみに友達はゲイ友だけど、普段は温厚で、ぱっと見ゲイということもわからない感じなのだが、このときはあまりの空腹で、思いっきり素が出てしまっていた。
あとから聞いてみたらそのときの記憶がないという。
空腹てほんと恐ろしい。

この時ばかりはさすがに僕も申し訳ない気持ちになったが、まあ普通に考えて、円卓で相席ってちょっと嫌だな。しかもそこの中華屋さんの円卓、回して料理取るタイプのやつなんだけど、あの店員は平気なのだろうか…。

でも接客てこのくらい神経図太くなければ務まらないのかもしれない。
もし接客業へ転職する際は、履歴書の職歴のところに、「円卓で相席経験済」って書いておこう。